読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<life>fool</life>

愚者の人生。

11月2日、差別のない世界を創るために、東京大行進に行きませんか?

 来る11月2日、東京大行進というデモが東京で開催される。僕は、この日このデモで、できるだけ多くの人たちと、東京の街を一緒に歩きたいと思ってる。

 もう何年も前から、インターネット上には在日韓国・朝鮮人への差別が溢れかえっていた。そしてそれは差別の対象を拡大しながら、時とともに勢いを増して、遂には路上に現れるようになった。在特会を始めとした様々な行動保守団体は、執拗に差別を煽るデモを開催し続け、この国のあらゆる街に憎悪の声が響き渡るようになった。彼ら行動保守団体は、標的である韓国・朝鮮人達が多く住まうコリアンタウンや、その子どもたちが通う朝鮮学校、在日の老人たちが利用している老人ホームを標的にした。

 表現の自由を盾にして最悪の人種差別を繰り返す彼らは、コリアンタウンのど真ん中を我が物顔で行進した。東京の新大久保では「良い朝鮮人も悪い朝鮮人もどちらも殺せ」というプラカードが掲げられ、大阪の鶴橋では中学生の女の子が 「(コリアンが)憎くて憎くてたまらないです。殺してあげたい!」と叫び、周りの大人たちがそれに快哉を上げた。

 この国に共に住まう在日韓国・朝鮮人たちがどれだけ侮辱されようが、彼らの尊厳が踏みにじられようが、既存の法律では行動保守の蛮行は止められなかった。明らかな社会の不公正が放置されていた。そういった状況を受けて、行政よりも先に、街に住む無名の群衆が動き始める。

 一番初めはK-POPファンの中高生によるtwitterでの発言だった。新大久保を歩くデモ隊の差別的な言動に怒った彼らが、在特会会長桜井誠twitterアカウントに直接、一斉に怒りの声をぶつけ始めた。その姿に、行動保守団体の差別的な言動に問題意識を感じていた人々は奮い立った。デモの前後にコリアンタウンを練り歩き、外国人経営の商店や通行人に暴言を吐いたり嫌がらせをしたりする、通称「お散歩」を止めるため「レイシストをしばき隊」が結成された。デモを追いかけ沿道に立ち、差別反対のプラカードを掲げる人々が現れた。デモ隊の差別的な声が街に届かぬように、それをかき消すために、ある人は肉声で、ある人はトラメガで、あらん限りの怒りをぶつける人々が現れた。路上の騒乱に出くわした人々に、何が起きているのか説明を試みる人々が現れた。路上で見たものや感じたことを記録するために、社会の不公正に抗するために、写真や動画を撮影する人や、音楽にする人や、絵画にする人や、文章にする人が現れた。いつしかそれらは一纏めにして「カウンター」と呼ばれ、あたかも一つの団体のように扱われることとなったが、実際は違う。誰も命令されることなく、誰も命令することなく、一人ひとりが自らの意志で路上に出て、自分が出来る事でヘイトデモに抗していた。「いじめられて可哀想なマイノリティを守ってあげる」のではない。誰もが当事者だった。この社会に生きる一人の人間として、明らかな不公正に対して、差別という最低の社会悪を前にして、どういう態度を取るのか。「カウンター」と呼ばれる、一人ひとりの無名の群衆に、ただ一つ共通することは「私は差別を許さない」という意志を表明していることだけだった。「私は不公正を見過ごさない」という意志を、持てる力を尽くして表明していることだけだった。だから、カウンターは、ヘイトに抗すること以上に、街に住まう全ての人々に、即ちこの社会に意志を表明し、問いかけるものでもあったと思う。あなたはどうするのか。

 カウンターのうねりは大きくなり、大阪では「仲良くしようぜパレード」が開催された。そしてそれに呼応するように、昨年の9月、カウンターに参加してきた人々が中心となり、1回目の東京大行進が開催された。ヘイトデモに対する即時的な抗議ではなく、改めてこの社会に対して「差別をやめよう、一緒に生きよう」と叫び、意志を表明した。この日本で差別を許してはいけないという思いを政府に届けるために、人種差別撤廃条約の誠実な履行を求めた。レイシストたちが我が物顔で歩いた新大久保のあの通りを歩いた。いつも怒り、いつも悲しみながらヘイトデモに抗していた人々が、あの日は笑顔で歩いていた。立ち並ぶ商店からは笑顔の店員さんがこちらを眺め、手を振っていた。TOKYO AGAINST RACISMの文字を見て、サムズアップしてくれたり手を降ったり笑顔を向けてくれる外国人が沿道にたくさんいた。デモを興味深そうに眺めたり、飛び入りで歩く人も多く居たという。在日韓国・朝鮮人に限らず、この日本社会に潜むあらゆる差別に反対するという意志で、9月22日、多くの人々が東京を歩いた。

 あれから1年と少しが経ち、新大久保ではデモは起きなくなった。けれど、デモ参加者こそ減ったものの、現在も行動保守団体は各地でヘイトデモを続けている。カウンターと行動保守の激しい衝突によって、ヘイトは社会問題と捉えられるようになり、ヘイトスピーチという言葉が世の中に少しずつ浸透し、行政も法規制に関する言及を始めた。状況は去年よりはマシになったが、それでも差別がなくなった訳ではない。だからこそ、僕は11月2日、多くの人々と東京の街を歩きたいのだ。

 今回の東京大行進は「差別のない世界を、子どもたちへ」というテーマを掲げている。前述したように、行動保守団体は京都の朝鮮学校を襲撃した。そこに通う子どもたちの中にはPTSDを発症した子がいる。また、差別的な街宣に激昂した在日韓国・朝鮮人と思しき少年を笑いものにする動画も、インターネットには存在している。つい先日は、神戸三ノ宮のヘイト街宣で、自分の親に絡めた差別発言を浴びた青年が居たという。彼は取り乱し、周囲の静止が必要なほどに街宣に食いかかっていったそうだ。在日コリアンを友人に持つ高校生の子は、友人が、マイノリティとしてこの国で様々な差別を受ける現状への怒りや悲しみをtwitterの鍵アカウントで吐き出していたと言っていた。こういった具体例を挙げなくとも、もっともっとたくさんの子どもたちが、すでに被害を受けている。鶴橋で「朝鮮人を殺したい」と叫んだ中学生の女の子だって被害者のようなものだし、ヘイトデモにベビーカーを押しながら参加する夫婦もいた。

 差別はなくなっていない。未だ社会の不公正はそこに存在し、その被害を受ける者がいる。局面は簡単には変わらない。だからこそ11月2日、できるだけたくさんの人々と街を歩きたいと思う。結局のところ全てを一気に解決してくれる魔法は存在しないし、ヒーローはいないからだ。一人ひとりが意志を表明すること、それを拡げていき、大きなうねりを作り、目を向けさせること。そういうことでゆっくりとじわじわ進んでいくしかないのだ。それはとても遅々とした歩みかもしれないし、自分が生きている間に理想が成就することなんて無いのかもしれない。だけどもそれでも、歩き、進んできたから今がある。多くの先人たちが闘って来た果てにあるこの場所で、多くの先人たちが創り上げてきたたくさんの贈り物を胸に、更にその先を目指して、次に来たる者のために、未来の為に、歩きませんか?
 あなたがどんなに差別や不公正に対して許さないという意志を持っていたとしても、何かで示さないと、どこかで叫ばないと、それはないものとして扱われる。同化する必要はない、流される必要もない。あなたが思うあなた自身の意志を、表すための第一歩として、一人の人間として、街を共に歩きませんか?
 11月2日、新宿中央公園水の広場。12時集合、12時30分出発です。僕はあなたを待っています。

東京大行進2014 - TOKYO NO HATE (TOKYO NO H8)