読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<life>fool</life>

愚者の人生。

『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』

邦画・さ行

f:id:u_orihara:20130227003751j:plain
 俺の声は聞こえてんのか。

 画像は入江監督のblogから。このポスター好きすぎる。
 という訳でSR北関東シリーズ最終作『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』について書くよー。いきなりだけどこの映画、少ないながらも自分が今まで観てきた中でベストワン。一生モノの映画です。

~あらすじ~
 埼玉の弱小ヒップホップ・グループ「SHO-GUNG」の仲間と別れ上京したマイティは、先輩ヒップホップクルー「極悪鳥」の手伝いをしながらメンバーに入る機会をうかがっていた。しかし、ラッパーになりたいと願いつつも現実は厳しく、ある事件をきっかけにマイティは追われる身となってしまい…。

 1は「生まれる」物語であり、2は「成長する」物語だった。そして今作は「死と再生」の物語だ。

 今回の主役は1作目の「SR サイタマノラッパー」で物語から外れていったマイティ。1作目でのマイティは、IKKUやTOMと比べると、内面的な揺るがなさや強さを持っていて、HIPHOPへの確かな愛情に溢れているキャラ付けだったように思う。そしてもう一つ、マイティは迷わない男だった。その迷わなさと、胸に抱いている上昇志向のために、何時までもクソ田舎でくすぶり続けている様子の2人と袂を分つことになった。というのは皮肉というか、かなり好意的に見た評価であって、実際にはただの「考え無しのバカ」なのだけど。

 1作目で去っていったマイティがその後東京でどういう生活をしていたのか。映画冒頭からある事件の勃発まで、短い時間での描写だが見事にその2年間が詰め込まれている。どれだけ無下に扱われようが、極悪鳥はマイティにとってのヒーローなのだということが最初のライブシーンで分かる。彼が真面目に愚直にラップに向き合っていることは、辛い仕事の休憩中に一人でLyricを紡いでいる姿から伝わってくる。仕事してる姿もとてもリアルで良かった。細かいところの画がしっかりしてると映画の強度が増す。
 そして何よりもMCバトルシーン。ここはほんとに「マイティ上手くなったな!カッコいいな!」と誰しもが思うんじゃないだろうか。というか1作目からのことなんだけど、多分ラップの地力みたいなものが一番あるのは、IKKUでもTOMでもなくマイティなのである。それがまた悲しいんだけどもね。で、このMCバトルから栄光の階段を登り始めるのかと思いきや、ここからマイティはガラガラと転落していくのである。彼の身に何が起きるかは映画で観て頂くとして、やはりこの冒頭を観るにつけ、マイティの転落は仕方のないものだったなと感じる。マイティは、愛する音楽から、愛するHIPHOPから、一番遠いところにある行動をしてしまうのだ。

 SRシリーズで優れているなあと僕が常々思うこととして、脚本と演出に常に冷静さがあることだ。ことさらに突き放すだけでなく、とはいえ盲目的に都合の良い姿を見せるわけでもなく、そうしなければならなかったマイティの気持ちと、そうしてしまったマイティの醜さを、両方とも同じ温度で見せてくれる。それは登場人物や作品自体に対して、本当の意味で愛を込めている真摯な描写だ。

 自分のした行動のせいで東京に居られなくなって、都落ちした先は栃木、ここが今回の舞台である。自分の愛したものの力を信じられなくなったマイティはラップを捨てた。音楽を捨てた。一緒に逃げてきた彼女と日々を暮らして、真っ当とは言えない仕事に手を染める。一度転落のレールに乗った人間の落下速度は、加速度を増していく。考え無しのバカは己のバカさのせいで抜け出せない泥沼に腰までハマっている。仕事の上司から音楽フェスをやるという話を聞かされて、勢いで「また音楽やってもいいのかな…」なんて呟いてはみるけど、次の日にはそれを忘れて仕事に戻る。上の人間から怒鳴りつけられ殴り飛ばされ、同じように子分の少年たちを怒号と暴力で支配する。マイティが落ちてしまった世界はそういう世界だ。

 マイティのいる暴力と搾取の世界。それと相対するように、1作目の主人公であったIKKUとTOM側が描写される。奇しくもマイティの上司が興行主となって開かれる栃木での音楽フェス、それに出演するためだ。オーディション会場で二人は初めて仲間に出会い意気投合し、大きな舞台への出演を決める。1作目において精神的にどん底に落ちながら、それでもHIPHOPを選んだ二人の思いは、ようやく実りの兆しを見せ始める。この2つのパートの交錯が本当に見事で、IKKUとTOMが「マイティはどうしてるかな」と想像する姿と、実際のマイティの姿がオーバーラップするシーンなどは切なさで胸が痛くなる。3人とも、少なくとも出発地点は同じだったはずなのに、進んでいく道程はまるで真逆だ。それをどこまでも残酷に映し出していく。

 物語の終盤、フェスの当日。ずっと側に居てくれた彼女でさえも搾取の世界に呑み込まれてしまったことを知り、ついにマイティの鬱屈は爆発する。そして同じ頃、IKKUとTOMは初めての大舞台に緊張しながらも、仲間に励まされながら本番を待っている。マイティに思いを馳せながら。
 舞台に向かう2人と、舞台から逃げる1人。色んなものから逃げ切れると信じて、逃げて逃げてその先に、何があるのか、何かあるのか。シリーズ通して、ラストシーンに重きを置いていた「サイタマノラッパー」だが今作のそれに至るまでの15分間、その長回しは圧巻としか言い様がない。自主制作映画でしかできないんだけど、同時に自主制作映画でこんなことできるのか…と呆然としてしまうし、奇跡が起きてると思うのだ。

 ここから先は物語の核心に触れるので言及することは避けるけど、僕個人としてはシリーズ中で一番胸にくるものがあった。あんまり「泣ける」とかいうワードを映画を推す際に使いたくはない(実際1も2も観て泣いたけどそれについては書かなかった)のだが、今作はごめんなさい、泣いた。泣いたどころか目から滝だったよ!!!
 個人的なことになるけど、そもそも僕は映画観て泣くことってあんまりない。あってもせいぜい目に涙が浮かぶとか、ツーッと零れ落ちる程度。しかもなんというか冷静な涙なのだ。「あー感動するなあ」とか「あー悲しいなあ」って自覚しながら泣いてる。でもこの作品で流した涙は、意味の分からない涙だったんだよな。わけの分からない涙がぼろぼろ零れてきて、しゃくり上げた。冷静な感情よりも先に込み上げる何かがあった。それは僕にとっては初めての体験だったのだ。涙の理由を探すなんてことをまさか映画を観てすることになろうとは、という感じ。ああ、ネタバレできないのが辛い!!!
 これから観る人には、特にマイティとIKKUとTOMのそれぞれの表情に注目して欲しいと思う。僕は注視する対象を変えて何度も観て、何度も泣いた。役者である駒木根隆介さん、水澤紳吾さん、そしてなにより奥野瑛太さんは本当に凄い。

 今作においてSRシリーズはとりあえずの完結だという。改めて、これ以上無いくらい完成度の高い3部作だと感じる。一つ一つが映画としてしっかり独立しているし、ある程度撮影上の制約を自ら背負いつつも、それを最大限有効的に使う姿勢は素晴らしい。物語上のテーマも根底ではしっかりと受け継ぎながら、回を重ねるごとに形を変えてより重層的なものになっている。
 映画として素晴らしい成長を遂げた本作は、完璧な完結編と言っていい。1を観て「ちょっとなあ…」と感じた人でも、今作は問題なく楽しめると思う。

 とはいえ、やはりあのラストシーン、そしてエンドロールで流れる曲の意味を、本当の意味で受け止め噛み締めるためには、是非1作目から観て欲しいなあと。SRシリーズ、そしてこの「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」は大大大大大傑作です。断言します。是非観て下さい。